ダイエット体験談

マイナス15kgダイエット成功談10:ダイエットする人に伝えたいコト

こんにちは、タマすけです。

第9回のつづきです。

第10回は、これからダイエットする人に伝えたいことを書きました。

ダイエットの成功はつづけること!

これからダイエットをしようとしてる人に伝えたいことは

ダイエットの成功のカギはとにかくモチベーションのキープと継続がすべて

だということです。

ヤル気と続けることがイチバンむずかしいところだし、世の中の人々がダイエットをあきらめてしまう理由ですよね。

ぽっちゃりだということでバカにされたり、カガミに映る自分のみっともない脂肪にあきれて

「今度こそこのガンコな脂肪をはがしてやる!ダイエット開始だっ!」

って鼻息も荒く気合を入れまくって、明日から一日5キロランニング!カロリー制限!糖質いっさい取らない!という高い目標を立てまくって、半年後にはマイナス10キロ!ってまわりに宣言してるのに、

気づいたらあっさり辞めちゃっている人もいると思います。

あ、これ、私のコトですね\( 'ω')/

考えなしのプランはほんとよくないですよ。

続きません。

逆に言えば、ダイエットは正しいやり方で続ければ成功するはずです。

自分の性格にあうつづけ方を探そう

だから自分の性格をよく理解して、どうしたら自分はダイエットを続ける気になれるのか?と考えることが大事です。

たとえば、記録を取るのが好きな人だったら、毎日の体重や食べたものを記録する記録ダイエットをおすすめします。

毎日自分の写真を撮るのが苦じゃない人は、毎日カガミに映った自分のカラダを撮影し、カラダの変化を見て楽しみながらダイエットができるでしょう。

だれかに自分の努力してるところを見てほしい人なら、ダイエット用のインスタグラムのアカウントを作って毎日体重計の写真を投稿してもいいんです。

 

わたしの場合は、自分が期限を決めて追い込まれないとやらない人間だということをよーく知っていました。

だから彼氏や周りの人に協力してもらって、特定の日付までに○○キロを切らなかったら罰ゲーム!あるいは達成出来たらごほうび!と決めてやっていました。

(ごほうび大好き人間ですw)

はじめは余裕、余裕!って思ってなまけちゃうんですけど、締め切りが近づくと動き出す性格なんですね。

なので今でも「〇〇日までに2キロ落とす!」って決めたらその日までに全力でがんばるという手段を取っています。

ちなみに厳しすぎるスケジュール(たとえば1週間で3㎏など)ではダメだと途中で学びました・・・。

また自分は携帯の待ち受け画面をダイエット格言にするとか、目標としてる体型の人の写真にするとか、そういうのは向いてませんでした。

携帯の画面をつけるたびにどうしても「うるさいな分かってるよ!」って気持ちになってしまって、逆効果だったように感じます。

人によっては待ち受けをダイエット関連のものにして気を引き締めることでダイエット成功する人もいるみたいですけどね。

関係ないですけど、待ち受けの色に心理学を応用してみるのもひとつの手なのかな?とも思います。

オレンジは食欲を促進する効果があるといいますし、青はその逆といわれているので、

たとえば待ち受け画面に青いカレーの写真を使うとか、試してみるのもアリかもしれません。笑

自分に合うダイエットなら辛くない

続けられないダイエットは結局うまくいきません。

ダイエットはつらくて当たり前、なんてよく言われていますが、別にそんなに辛くなくていいと思うんです。

楽しみながら痩せられたらサイコーじゃないですか?

それに何がつらいって感じるかも人それぞれですよね。

我慢する方がつらい人もいれば、積極的に筋トレをする方がつらいひともいるかもしれませんし。

なので、ナイスボディになるためのアプローチで何がいちばん自分に向いてるかを見極めるまで色々挑戦するべきだと思います。

 

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

-ダイエット体験談

© 2021 Theダイエット│ゼッタイ痩せたい女のあくなきチャレンジブログ